タグ「スタンド花」が付けられているもの


開店祝い花を贈るタイミングは?

standflower1.jpg開店祝いでは花を贈るタイミングが大切です。開店祝いにスタンド花や胡蝶蘭、アレンジメントフラワーなどの花を贈ることが多いのですが、開店祝いの花を贈るタイミングは、いつ頃がベストなのでしょうか。

開店祝い前日に贈るケース

開店祝いを贈るタイミングは、お店の状況や、花の種類などによって変わってきますが、一般的には前日か開店日当日に贈ります。正式な開店日の前に、親しい人やお世話になっ ている人を集めてプレオープンやパーティーをする場合はその日に贈ると喜ばれます。

また、胡蝶蘭やアレンジメントフラワーなど、店内に飾る花を贈る場合も、開店日の前日に届けておけば、開店前に花を飾る場所を確保できるので贈られた側は助かります。

開店日 はお客様が大勢訪れて接客に忙しくなりますから、前日に届けた方が事前に花を飾れるので喜ばれます。忙しい開店日にお花が届いても、手が回らずにそのまま放置されることが あるからです。

開店日には営業前からお客様が訪れて、店の前に行列を作る場合もあります。忙しさやスタッフの数など、お店の状況をよく考えて贈るタイミングを見極めましょう。

開店祝いを当日に贈るケース

一方、スタンド花のように店頭に飾る花の場合は、開店日当日に届けるのが贈るタイミングとしてはベストです。スタンド花を配達してそのまま店頭に設置してくれるので、お店 の人への負担が少ないからです。

開店時間より前に届くように手配しましょう。スタンド花は生花を使うので、あまり日持ちがしません。前日に届けるよりも当日に届けた方が1 日分日持ちするのでおすすめです。

値段の決め方と相場

  •  
  •  
  • Category:

スタンド花を贈りたいときに値段で迷うことがあると思います。

基本的には、相手との関係によって値段を決めるのが一般的ですが、注文する花屋によってはスタンド花に最低価格があります。

dancestand.jpg

一般的な花屋のスタンド花最低価格は15000円、これに消費税と配送料が必要になる場合もあります。

花の種類やデザインなどの仕上がりにこだわらず、とりあえず形だけでもお祝いの花を贈りたいときには15000円の値段を選ぶのが良いでしょう。

相手が顧客だったり、目上の方だったりする場合は、すこし豪華な仕上がりにするために、値段を上げるのが一般的です。

dancestand2.jpg

顧客向け、目上の方向けの相場としては、2万円以上~3万円程度が一般的になります。

2万円以上になるとスタンド花も1段花から2段花にすることも出来ますので、見た目には明らかな違いがでます。

値段の違いによる花の差

値段が違うと花にどのような違いが出るのでしょうか。

まず最も大きな違いは「1段」と「2段」の違いです。

値段は5000円の違いですが、並べたときに大きな差が見て取れます。

後述するボリューム重視の花屋を選ぶことで、5000円の差でもさらに大きな違いが出ます。

standhana3.jpg

そして値段の差以上に注意が必要なのが花屋選びです。

画像のように、花キューピット加盟店などの花屋を利用すると、見た目に小さく、花のボリュームも少なめのスタンド花が届くことが多いと思います。

これは花キューピットシステムの弊害といってもいいと思いますが、注文店と配達店が違うので、そこに手数料が発生してしまいます。

配達店は実際の注文価格よりも少ない金額(手数料を抜かれた金額)でスタンド花を作らなければいけません。

そうなるとどうしてもボリューム的に相場よりもさらに見劣りしてしまうことになります。

standhikaku.jpg

このようなことを避けるため、注文時のポイントとしては、注文店が直接制作し配達もしてくれる花屋を選ぶようにしましょう。

値段以上にボリュームのあるスタンド花を手配する方法

サイズの大きなスタンド花は、扱う殆どの花屋は配達エリアを制限しています。

注文時には、贈りたい地域にスタンド花が直接届くのかをチェックすることも大切です。

遠方へ届けたいときに近所の花屋で注文するような場合は、ほぼ花キューピットを利用しています。

スタンド花の値段が業界最安値で全国(北海道や沖縄、一部離島以外)に手配可能。

さらに東京23区や大阪市、福岡市には即日配達もしている花屋がおすすめ。

>>スタンド花の評判が良い花屋

用途別スタンド花の選び方

  •  
  •  
  • Category:

スタンド花は用途によって種類が変わってきます。選ぶのが不安になる方も多いのではないでしょうか。

用途に合わせたスタンド花の選び方について書いてみようと思います。

スタンド花用途

お祝いごとの開店祝いや公演祝いには目立つタイプのスタンド花が選ばれています。

明るく派手目な色合いが一般的です。

逆にお供えには白い花がメインのスタンド花が相応しいといえます。

葬儀などのシーンには明るい色の花は使われず、白系で統一するのが一般的です。

お祝いの場合は用途にこだわらず、自分の好きな色でスタンド花を決める人もいるようですが、先方の環境によってはふさわしくない、マナーに合ってない花となる場合もあるので注意が必要です。

初めてスタンド花を贈るようなときは、届け先相手のことを考えて選ぶようにすることも大事ですが、そうなると選ぶのが大変ですね。

どんな色が喜ばれるのか、どんなデザインのスタンド花が喜ばれるのか。

花に詳しくない人でも簡単に注文できる花屋を選ぶのがおすすめです。

花のことは花のプロに任せる。

初めて注文するときは、金額と用途を選ぶだけで各シーンに最適なスタンド花を手配してくれる花屋を選ぶようにしましょう。

実績と経験のあるデザイナーによるお任せスタンド花がおすすめです。

デザイナースタンド花

デザイナーおまかせスタンド花はこちら

都内で一番安いスタンド花

都内にスタンド花を贈るときにおすすめの花屋です。東京23区で最安値。

こんな感じの豪華なスタンド花が1万円で利用できます。

都内最安値スタンド花

都内の花屋だとスタンド花の値段は15000円からなのでかなりお得です。

安くて貧相な花だと恥ずかしいですが、ボリュームがあって花の質も良いので満足できると思います。

お昼までに注文すれば当日配達もしてくれるので、急いでいるときも当日に間に合わせることができます。

都内のコンサートやライブ会場、劇場への公演祝いに安くて豪華なスタンド花を贈りたい人におすすめです。

都内ライブへのスタンド花

値段が安いので少し心配でしたが、他のスタンド花と並んでも見劣りしない花が届いてて安心しました。

スタンド台の回収もしてくれますよ。

東京23区でスタンド花最安値のプレミアガーデン

https://www.prrr.jp/